私の働き方、これで大丈夫?⑥

私の働き方、これで大丈夫?⑥

このコンテンツでは働き方に悩んでいるけれど、どうしたらいいか分からない……とお悩みの方に向けて、新たな解決法をご紹介します。

Q. ずっと正社員として働き続けてきましたが、産休に入って少し職場と距離を置いたところで今後の働き方について少し悩んでいます。同じ職場で子育て中の先輩に話を聞くと、確かに環境は安定はしていて安心して働けるのですが、子供が手を離れたときには同期の男性とはキャリアに差をつけられてしまい、それを取り戻すのは難しいとのこと。仕事は好きなので働き続けたいとは思っていますが、このままこの職場でいいのかどうか、悩んでいます。
(福岡県・みずき 32歳)

A. 長い目でキャリアを考えると必ずしも「正社員」が正解でない場合もあります。

「派遣ではキャリアアップできない」という誤解について

一般的に派遣という働き方は、「長く働いていてもキャリア形成は難しい」と思われがちですが、それは必ずしもすべての派遣社員に当てはまるわけではありません。実際、新しいキャリアに踏み出すために自分の可能性を試したり、「働く期間や時間を選べる」メリットを生かして次のステップに向けての勉強をしたりと、キャリアアップを意識して派遣という働き方を選ぶ人もいます。
もちろん、プライベート重視で働きたい方にオススメの案件も多いのは否めません。ですが、退社後の時間で資格取得などの勉強をすることで安定的に働きながらも次のキャリアに向けての準備を進めたり、仕事の選び方によっては初心者歓迎の案件で新しいスキルを身につけたりすることが可能です。正社員として働いていると、身も心も仕事や立場に縛られて「長い目で見たキャリア形成」を考える余裕を失ってしまうこともあります。派遣というスタイルであれば、少し落ち着いた環境で、自分のペースで着実にキャリアを積み上げることも可能です。

人生100年時代のキャリアは「一本道」ではありません

健康寿命が世界一の長寿社会を迎える日本という国で暮らす皆さんにとっては、以前のように「60歳で定年、その後は悠々自適の年金暮らし」というビジョンは存在しません。その代りに、何歳になっても学び直し、新しいことに挑戦できる社会の構築が進められています。
転職が当たり前になって久しいですが、今後は「雇われている・雇われていない」という軸以外の働き方・生き方のステイタスを自由に行き来する時代になります。
これまでのように、学校を出たらなるべく転職はせずに同じ会社で長く働き、退職金をもらって引退生活……というようなイメージはなくなります。その一方で、もっと自分に合う働き方を探したい、新しいことに挑戦してみたい、という方には、自由度の高い時代になっていきます。フリーランスやパラレルキャリア、キャリアチェンジのための学び直しなど、選択肢は人によりさまざま。そんな社会においては、働きながら新しいことに挑戦するきっかけを持てる「派遣」という働き方は、立派な選択肢の一つと言えるでしょう。

 

エル・コーエイなら……

「キャリアをつくれる」案件に出会えます

エル・コーエイでは、派遣社員ならではのメリットを生かしつつ、新しいスキルを身につけたり、キャリア形成につながったりするような派遣先もご紹介しています。
当社の得意とする研究機関や建設コンサルタントでは、定型的な業務を担当するよりも、成長を期待して、規模感や責任を伴う仕事を任されることが多い傾向にあります。また、未経験の仕事であったとしても、根気よく指導いただけるケースが少なくありません。
いわゆる「派遣の仕事」と比べると「負荷は大きいが、その分得らえるものも大きい」と、派遣スタッフにも好評です。ぜひ、エル・コーエイの派遣ワークで新しいキャリアの構築を考えてみませんか?

 

 

         エル・コーエイに登録してみませんか?

 

 

 

お問い合わせフォームはコチラから

ページ上部へ戻る