コラム Ⅱ

私の働き方、これで大丈夫?②

 

Q.大学を卒業後、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれるような会社で働いていました。すっかり疲弊してしまい、最終的に体調を崩して退職をし、実家に身を寄せています。失業保険も終わるのでそろそろ社会復帰を考えているのですが、正社員としてバリバリ働けるか心配です。かといって、体調のこともあるので、福利厚生がなく、先の見えない非正規雇用も不安です。どうしたらいいでしょうか?

(神奈川県・さとみ 28歳)

A.派遣社員だからといって諦めないで! 社員並みの福利厚生を享受できる派遣先だってあります。

※「リフレッシュ休暇」「給与月額支払い」など、全ての案件で提供される待遇ではありません。待遇は案件により異なります。

 

条件のよい案件を求めるなら、派遣会社選びにこだわろう

一般的に派遣社員というと下記のようなデメリットがあるとされています。

・契約期間に制限があり、更新のたびに契約解除になる不安が消えない

・正社員との間で待遇に大きな差がある

・責任のある仕事を任せてもらえない

・時給制なので、毎月の収入が安定しない

派遣の案件には上記に当てはまるものが多いのも確かです。しかし、全ての派遣案件がそうだとは限りません。条件は派遣元の会社によって大きく異なるので、雇用条件にこだわる方は、規模にこだわらずいろいろな派遣会社を見てみるとよいでしょう。

 

あなたに向く派遣会社は?

派遣会社を大きく分けると、「大手」「外資系」「資本系」「業種・職種特化型」「独立系」などに分けられます。皆さんが派遣会社といってパッと思いつくのは、「大手」や「外資系」の社名かもしれませんね。大手派遣会社は持っている案件も多く、体力があるのでスキルアップのプログラムなども豊富に提供してくれます。その一方で登録者が多く条件のいい案件であればあるほど競争率が高く、派遣先を見つけるのに苦労することも。また、語学力などを生かして外資系企業で働くことを希望する場合は、外資系派遣会社への登録がオススメ。しかし、外資系企業は派遣社員にも高いスキルを求めることが多く、派遣の採用にもじっくりと時間をかけることがあるため、すぐに働きたいという方は避けた方がいいかもしれません。また、特定の業種や職種、地域などにこだわる方は、大手よりも規模の小さい中小派遣会社に登録した方が近道。

そういったこだわりポイントがなく、派遣のメリットを享受しつつ、よりよい条件で働きたいという方にオススメしたいのは「資本系」の派遣会社。資本系派遣会社では、大手日系企業のグループ会社として同グループの企業に派遣を行う「グループ内派遣」を多く取り扱っています。そのため、派遣専業の会社よりも条件のいい案件があることも。

 

さて、あなたの生き方に向いているのは?

資本系派遣会社の案件は、時給自体は他の派遣会社よりも低めに設定されている場合もある一方、福利厚生に関してはほぼ親会社並みの待遇を受けられる案件も。派遣社員という働き方のメリットを享受しつつ、より安定した働き方を実現することも可能です。「非正規」とひとくくりにせず、あなたの生き方と合う働き方を紹介してくれる派遣会社との出会いを模索しましょう。

エル・コーエイなら……

 正社員と非正規雇用の「いいとこ取り」も可能!

エル・コーエイの強みは、親会社の日本工営系の会社へのご紹介案件もたくさん取り扱っているという点。派遣には珍しく、責任のある業務を単独で行っていただくような案件も少なくありません。そのため、雇い止めの心配も少ないのが特徴です。時給は少し低めかもしれませんが、基本的に給与は月額支払いで安定した収入が得られる上、正社員とほぼ同等の手厚い福利厚生など、メリットもたくさん。
派遣社員のメリットも生かしつつ、安定した働き方を希望される方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

    エル・コーエイに登録してみませんか?

 

 

 

お問い合わせフォームはコチラから

ページ上部へ戻る