よくあるお問合わせ

「登録」に関するお問い合わせ

どんな服装でいけばよいのですか?

登録の際の服装、話し方など一つひとつが、お仕事紹介を行うに当たっての大事な判断基準となります。
その情報を元に、コーディネーターは「どんな派遣先ならいいかな?」と考えを巡らせるわけです。
ひとりのビジネスパーソンとして、常識のある姿勢・服装で登録・面接にのぞんで頂ければと思います。勿論、当社の担当者もキチッと対応致します。【注意ポイント】
・ 服装:カジュアルよりもフォーマルに近いもの(スーツがベストです)。
・ 髪型:清潔感のある髪型。過度な茶髪は控えましょう(目立つのではなく、好印象を持ってもらうために)。
・ ネイル・香水のつけすぎは控えましょう。
・ 待合せ:約束の時間よりも10分ほど早めについておくと安心です。
・ やむを得ず遅れたり、キャンセルする場合は、必ず電話連絡しましょう。

履歴書は必要ですか?

当社では履歴書(写真貼付)・職務経歴書(書式自由)のご持参頂いております。勿論、派遣先に公開する事はありません。
【注意ポイント】
・ 市販の用紙に黒か紺のボールペン(万年筆)で記載します(鉛筆不可)。
・ アルバイトは職歴に入りません。
・ 修正ペンは使えません。間違えないよう慎重に記載しましょう。
・ 写真の裏に氏名を記入し、はがれないようにのり付けしましょう。
・ 印鑑は忘れないように押印しましょう。

登録にはどのくらいの時間が掛かるのですか?

当社の場合は約2時間くらい頂いております。PCスキルチェックが早く終わると1時間30分ぐらいの場合もあります。ご都合などもあると思いますのでお気軽にご相談下さい。スケジュールは下記の通りです。来社 → 登録シートの記載(約5分) → 面接(約30分) → 適正テスト(約15分) → PCスキルチェック(約60分)面接では、希望条件をしっかりとお教え下さい。あなたをPRする場でもあります。
現在勉強中の資格や、スキル、注目して欲しいキャリアなどをしっかりと伝え、これからどうしていきたいかなど、アピールして下さい。 また、気になることは遠慮なく聞いて下さい。
スキルチェックは、ミスマッチを防ぐための大切なテストです。 ご協力下さい。

「保険・交通費・残業・賞与・福利厚生」に関するお問い合わせ

派遣社員も社会保険に加入できるの?

原則として2ヶ月以上継続して働く場合、派遣社員も社会保険(健康保険・厚生年金)に加入することができ、その保険料はあなたと派遣会社の双方が負担します。 但し長期になる事が予め分かっている場合は最初から加入して頂く事は全く問題ありません。なお、これらの保険に加入できるのは、雇用契約を結んで働いている期間だけなので、注意が必要です。加入できない場合は、国民健康保険と国民年金に加入し、自分で掛け金を払うのが一般的です。

交通費は支給されるの?

交通費は、派遣先の案件によって異なります。全額支給してもらえる場合もありますし、時給に含む場合もあります。また時給に含んでいるお仕事案件の場合でもその時給を分解して交通費として支給する事もできますのでご相談下さい。

残業代はつきますか?

正社員であれ、派遣社員であれ、労働基準法に基づいて、残業の場合は時給の25%増以上、休日なら35%増以上、深夜労働は50%増以上と規定されています。もちろん、残業代は支給します。

賞与は支給されるの?

基本的にボーナス(賞与)はありません。

給料が上がることはあるのでしょうか?

給与の変更がある場合は基本的には契約更新のタイミングになります。更新の都度あがっていく事は考えられませんが派遣先が認めてくれれば上がる事は可能です。一般的には一年に一度くらいだと思われます。派遣先も認めるほどの、効率アップや業務レベルの向上、仕事の内容変更などがあれば時給を上げるチャンスです。

派遣社員にも有給休暇はありますか?

同じ派遣会社で6ヶ月以上継続勤務し、その間の8割以上出勤した場合、10日間の有給休暇の権利が与えられます。
それ以降は、1年ごとに、1日~2日ずつ加算されます(最高20日)。
ただし労働日数・時間が週に4日以下・週30時間未満の場合は、その日数に応じて有給休暇の日数も少なくなります。

「お仕事探し」に関するお問い合わせ

 経験のない職種でも紹介してもらえますか?

キャリアとスキルの関係によっては紹介できる事もあればそうでない事もあります。
一概にはお答えすることができませんが、登録する派遣会社にその旨を相談してみてはいかがでしょうか。
もしそのお仕事が無理な場合でも似た内容のお仕事の紹介があるかもしれません。

紹介されたお仕事を断っても大丈夫でしょうか?

断ることには特に問題ありません。
その際、理由をきちんと説明しておくことが次のお仕事の紹介につながりますので、あなたの希望と今回断った理由をしっかりと伝えておきましょう。

副業として派遣で仕事をしようと思いますが、大丈夫でしょうか?

正社員として働いている会社の就業規則に「副業・兼業の禁止」といった項目がある場合は、他からの報酬を得ることはできません。まずはしっかりと確認した後、問題なければ、派遣会社にその旨を伝え、「土日のみ」「単発」などのお仕事を探してもらいましょう

「仕事を始めてから」のお問い合わせ

 資格を取ったので給与を上げて欲しいのですが、誰に相談すればよいのでしょうか?

あなたの契約元は派遣会社になりますので、相談は派遣会社の営業担当かコーディネーターにしてみましょう。
その資格を取ったことで、派遣先も認めるほどの効率アップや、業務レベルが上がったなどの成果が見えるようであれば時給アップも可能でしょう。

契約期間中に仕事を続けられなくなったのですが?

基本的、雇用契約を交わした以上契約に基づいて決められた期間、契約を履行する義務があります。
しかし、やむを得ない事情などの場合は、まず派遣会社の担当者に相談してみましょう。
派遣会社も派遣先と派遣契約を交わしている以上、代わりの派遣社員の手配や引継ぎ、その他手続きなど、
やらなければならないことがたくさんあります。

「お仕事探し」に関するお問い合わせはこちらから

telephone

 

ページ上部へ戻る